Pocket

どうも、村井です。

今日の記事は、ネットビジネスで商品やサービスを提供するためには、ベネフィットを伝えることが大切!というタイトルで、お伝えして行こうかと思います。

この記事では、ネットビジネスで商品やサービスを提供するのはわかるけどベネフィットの意味がわからない。ベネフィットを伝えるのって難しそう。ベネフィットという言葉自体、初めて聞いた。ベネフィットって、メリットと同じような意味じゃないのかな。

そんな方には、大変参考になる情報を用意しておりますので、ぜひ最後まで参考にして欲しいと思います!

なぜなら、インターネットビジネスをする上で重要な「ベネフィット」に関する情報を私なりにまとめましたので、お伝えします!

では、本題に移りたいと思います。

ネットビジネスをもっと学びませんか?ネットビジネスに関するメール講座を公開しております(無料)⇒

ベネフィットとは?

ベネフィット(benefit)とは、直訳するとですね、「利益・為になること」といった意味があり、マーケティング用語としては、お客さん=ユーザーが商品・サービスから得られる「満足感、感情、未来または将来の期待感」のことを言います。

ここで、ベネフィット(benefit)を言い表す有名な言葉があります。

「お客さんが買っているのはドリルそのものではなく、そのドリルを使って開けた穴である」この言葉は、元ハーバード・ビジネススクール名誉教授の方で、マーケティング研究の第一人者でもあるセオドア・レビット氏(Theodore Levitt)の言葉になります。

「人は商品そのものを買うのではなく、商品によってもたらされる利益の期待を買う」ということを言っておられます。

お客さん=ユーザーは何かの目的があって、商品やサービスを買いますが、商品やサービスそのものを欲しいわけではないということです。お客さんが欲しいのは、その商品やサービスを買うことで得られる体験や満足感であって、より良い未来や将来の変化という結果を求めるということです。

つまりですね、商品やサービスとは、お客さん=ユーザーが欲しいという結果を得るための「通過点」だと言えるでしょう。

上記で述べた言葉のドリルで言えば、ベネフィット(benefit)とは、例えばの話になりますが、「物を作って未来の姿を求めて、インテリアを充実させること」です。そのために、ドリルを買うということですね。

ネットビジネスをもっと学びませんか?ネットビジネスに関するメール講座を公開しております(無料)⇒

ベネフィットとメリットの違いの説明

ベネフィットとメリットの違いは、簡単に言うと次のひと言で表せます。

メリット:商品中心のメッセージ(商品やサービスの長所の表現)

ベネフィット:お客さん中心のメッセージ(ユーザーを中心にした視点で語る)

ベネフィットとメリットの関係性で言うと、次のような感じになります。

商品=特徴 ⇒ メリット ⇒ ベネフィット=お客さんの目的

商品にはいろいろな特徴がありますよね。その特徴の中で、お客さん=ユーザーにとってプラスの方向に働く特徴があります。それがメリットなのです。メリットをお客さんの目的に沿った言い方に変えることをベネフィット(benefit)になります。

メリットは、商品やサービスの提供や販売に必要な要素ではあります。ですが、その商品やサービスの販売でメリットだけを伝えても、商品やサービスそのものが売れることは難しくなります。

ここで、インターネットビジネスで例えるとベネフィット(benefit)の伝え方が、「コピーライティング」なのです!

商品やサービスの特徴にベネフィット(benefit)を伝えることで、魅力的なメッセージ(コピー)に変わります。「コピーライティング」を極めることで、魅力的なメッセージ(コピー)に生まれ変わり、お客さん=ユーザーに対して、より良い未来や将来の変化という結果を与えることが出来るということなのです。

ネットビジネスをもっと学びませんか?ネットビジネスに関するメール講座を公開しております(無料)⇒

コピーライティングという知識やスキルを学ぶ

「コピーライティング」を極めることで、魅力的なメッセージ(コピー)に生まれ変わるということを、お話しましたが「コピーライティング」という知識やスキルというのは、簡単に身に付けれるものではありません。

どうやって、「コピーライティング」という知識やスキルを身に付けるのか。それは、学ぶしかありません!ちなみにですが、私が主宰する無料メール講座に参加していただくと、定期的に「コピーライティング」の関係の情報コンテンツも配信しております。無料メール講座を受け取って参考にしたい方はコチラになります。

ここでまとめると、ベネフィット(benefit)とは、お客さん=ユーザーが商品やサービスの特徴から得られる、満足感や未来の期待や将来の結果のことです。メリットとは、多くのお客さんにとってプラスの方向に働く商品やサービスの効果のことです。

商品やサービスを提供または販売する時には、「コピーライティング」を使って、ベネフィット(benefit)を伝えなければいけません。

また、ベネフィット(benefit)は、人によって変わるものなので、あなたのターゲットとする理想の顧客(ペルソナ)を明確に設定して、その理想の顧客(ペルソナ)へ向けたメッセージ作りが大切になってきます。

ということで、本日も最後までご覧いただきありがとうございました。もっと、ネットビジネスを深く学んでみたい。コピーライティングを学びたい。という方は、下記から私が主宰するメール講座に登録してみてください。

無料で豪華プレゼントをご用意しております。

 

Pocket